【】

引っ越しを業者に依頼する場合、日程など、引っ越し
TOP PAGE > 引っ越しを業者に依頼する場合、日程など、引っ越し

引っ越しを業者に依頼する場合、日程など、引っ越し

引っ越しを業者に依頼する場合、日程など、引っ越しの大まかな内容が決まったところで、一社、あるいは複数の業者に見積もりを依頼し、こちらの要望との折り合いがつけば、はじめて今後の作業を依頼することになります。
業者に荷造りを丸投げせず、ご自分で荷造りを進めるお考えなら、梱包材は業者が用意しているので、それを使って準備を進めておきます。引っ越し当日は、作業の流れについて業者に任せておけばスムーズに進みます。一回引っ越ししてみれば誰でも思い当たることでしょうが、旧居のガスを解約しなくてはなりません。私も何度か引っ越しを経験してきましたが、解約はそんなに難しいわけではありません。旧居を引きあげる前に解約しておかないと、転居後のガス代も請求される羽目になりますので確実に終わらせてください。
また、転居した月の月末まで料金を請求されるのが普通です。
引っ越しで、細かいものの荷造りは大変ですが、特に食器を梱包するのは大変でしょう。
必ずといっていいほど陶器やガラスの割れ物が含まれ、細心の注意を払って梱包しなければ運搬の途中で壊れてしまうこともあり得ます。どこの世帯にも、薄いガラスの食器があるのではないでしょうか。



それならば、内側に丸めた新聞紙を入れて補強し、外からも包んで業者に申し出て専用の箱をもらい、そこに入れるというように梱包全体に厳重な注意を払うとどきどきしながら荷物を開けることはなくなるでしょう。
単身世帯の引っ越しでは、一般的な引っ越しプランを使うよりも単身者向けパックを利用してみると費用もコンパクトにできます。


こうしたサービスは専用コンテナを使うことが多く荷物が少ない人向けと考える方が多いでしょうが、大きさはともかく、量的には意外に多く運べます。収めきれなかった荷物があれば同じ業者の宅配サービスを利用してください。最近引っ越したのですが、準備で疲れてしまったのは確かです。それまで住んでいたのはマンションだったので、大きい荷物の移動は、業者にお願いするしかありません。
しかし、近所への引っ越しだったので業者さんに頼まなかったものは自分で計画を立て台車に載る分だけ新居に搬入しました。
台車がこんなに使えるとは思いませんでした。


引っ越しの前日までに、短時間で良いので当日の時程を確認するべきです。
何時の約束で引っ越し業者が来るか、作業終了の目標は何時かなどを確認しておきましょう。

できるだけ荷物は運び出しやすい場所に持っていき、業者さんをはじめ、手伝ってくれる人に飲み物を用意しておくことを忘れないでください。少しでも飲み物があれば、暑い時期の引っ越しでは心から喜んでもらえます。いろいろな手続きを、引っ越しの際には行わなければなりません。重要なものの筆頭に、役所への転出届と転入届があります。

まず、転出の手続きを今住んでいる市区町村の役所で行います。そこで転出届をもらって、転入する市区町村の役所でそれを提出して、転入届を出して転入手続きをします。

転出と転入は一体の関係なので、転出届と一緒でないと転入先での手続きができないことにも気をつけないといけません。これを忘れると他の手続きも進まなくなるので忘れずに手続きしましょう。年金生活になれば、誰でも生活の大きな変化を余儀なくされます。

これを機会に、生活環境を変えるのも一つの手です。

退職前のお住まいがどんなところであっても、生活パターンが大きく変われば、住まいが合わないことも往々にしてあるものです。
特に、賃貸にお住まいのご家庭では家賃を払い続けられるかが問題になってきます。

ここで思い切って、住環境を変えてみるのも選択肢の一つでしょう。

大半の世帯では、引っ越しの際にライフスタイルに関わる様々なことを見直すことが必然ですが、NHK受信料を支払うかどうかも見直して良いのではないでしょうか。

まして、引っ越すときにテレビを処分するのならどう考えても受信料を払う必要はありません。口座からの引き落としやカード払いならばそれを解除し、NHKとの契約を終わらせることを面倒でもやってみましょう。



段取りこそ、引っ越しで一番大事なことです。

ダンボールは荷物が全部収まるように準備し、当面使わないものから梱包しましょう。
引っ越すときまで使うものが紛れないようにしておき、ものの種類で分けながら詰めれば大丈夫です。
何が入っているかわかるように、紙に書いて貼っておくとより片付けしやすくなるでしょう。
電気をはじめとし、ガス、水道、電話など、移動のための手続きも日程を考え、計画的に取りかかりましょう。

ただいまの時刻








毎日をフレッシュな気持ちで過ごしていきたいです。

Copyright (C) 2014 新しい暮らしは清々しい! All Rights Reserved.

ページの先頭へ