【】

家移りも本格的になると、引っ越し当日にしかで
TOP PAGE > 家移りも本格的になると、引っ越し当日にしかで

家移りも本格的になると、引っ越し当日にしかで

家移りも本格的になると、引っ越し当日にしかできないことも多いものです。一日がかりの作業を覚悟しなければならないので、引っ越し当日の前にできそうなことは事前に終わらせておくことが大事です。
ライフラインである水道、電気、ガスなどの確保は絶対条件としても、引っ越す日まで使いそうなものは、他のものと一緒にせず、取り出しやすくしておくことも大事です。

引っ越しで、細かいものの荷造りは大変ですが、特に食器を梱包するのは大変でしょう。必ずといっていいほど陶器やガラスの割れ物が含まれ、包み方や詰め方も細心の注意を払わないと運んでいる途中で壊れることも考えられます。



繊細な薄いガラスでできたグラスが、最近の人気です。そのようなグラスは、まず内側に新聞紙を詰めて補強し、その後、外から包んで、業者に申し出て専用の箱をもらい、そこに入れるというように何重にも注意をして荷造りしておくと相当気持ちは楽になります。


この町の会社に勤めはじめた10年前に、現在住んでいるアパートに引っ越しました。初めは3年くらいのつもりでここを離れて実家に帰る予定で、住民票は動かしませんでした。


そんな中でも、仕事は予想していたよりも楽しく、町も気に入って思ったより長居してしまい、ここで結婚する可能性も高くなってきたし、今住んでいるところの方が税金が安いのも事実で、これからでもいい、住民票を移そうかと考えているところです。

固定電話を使うか、使わないかも、引っ越しの際に考え直した方が良いでしょう。固定電話をほとんど使わないため、契約を止めるという結論になるかもしれませんが、引っ越しても生活に電話回線が必要だったら、転居後の回線利用を確保するための手続きを忘れてはなりません。

取りかかりが遅くなり、契約が引っ越しに間に合わなければ、固定電話のない生活を余儀なくされますから引っ越しを決めたらできるだけ早めに必要な作業を進めていきましょう。

業者を利用した単身世帯の引っ越しは、引っ越しサービスも通常のパックではなく、単身者向けパックを利用してみると比較的安く引っ越せます。
専用コンテナに収まる荷物だけを運んでくれることが多く少しの荷物しか運べないというイメージを持つでしょうが、運べる荷物は結構多いのです。収めきれなかった荷物があれば残りは宅配便などの利用を考えましょう。


先週の土日を使って、引っ越しを終えました。引っ越し作業が全て終わり、部屋の電気をつけて明るくなったとき「ここに住むんだ」とジワジワきました。そんなこともあって、その日の夕食はいつもならとても手が出ないピザとお寿司をとって、好きなワインも買ってみんなでささやかな乾杯をしました。

新居での生活も楽しみいっぱいです。
一人暮らしの方が引っ越しするとベッドを置くべきかどうか考えることがあります。新居がワンルームの場合は特に、ベッドがあると相当狭くなります。
それに、業者がベッドを移動するとき、ドアからベッドを入れることができないなどの大変な話もあるようです。そのような事態が考えられるのなら、布団の生活をスタートしてみるのも部屋をより広く使えるようになりますよ。
誰でもすぐ思いつくように、引っ越しに必要なものがいくつかあります。
荷造りをするときに使うもので、ダンボールの他、テープ、ひもなどは絶対必要です。

どこでも手軽に買えるものですが、見積もりを業者に依頼した場合、見積もりから契約のどこかでこうした梱包材を無料でもらえるという話もよく聞きます。契約が成立すれば無料なのに早まって買ってしまったということにならないよう、契約までの流れをよく見て、見積もりに来てもらう前に一言確かめておくのが賢明です。
引っ越しで住民票を移すと、必ずしなければならない手続きの筆頭といえば、自動車などの運転免許証を住所変更することです。いろいろなところで、写真付き身分証明書として運転免許証が使われるので住民票を移動したら、早めに手続きしましょう。



引っ越した先の管轄警察署に、運転免許証と新しい本人分の住民票(写しで良い。

住所変更してあれば、健康保険証、公共料金領収書などでも良い)を出した上で、届に記入すればすぐ変更できます。住環境を快適に保つということは、家や部屋の中だけではありません。



良好なご近所関係も住環境の一部です。よりよい関係づくりの手始めとして、引っ越し時の挨拶は欠かさず行ってください。無難なおみやげを用意して伺うのが良いでしょう。簡単な挨拶と、ご近所に伝えなければならないことが言えれば良いので、好印象を与えるようにしてください。
出会った時の印象は、お互いに強く残るものです。

ただいまの時刻








毎日をフレッシュな気持ちで過ごしていきたいです。

Copyright (C) 2014 新しい暮らしは清々しい! All Rights Reserved.

ページの先頭へ