【】

専門業者の引っ越しでは、引っ越しの場所や日程など
TOP PAGE > 専門業者の引っ越しでは、引っ越しの場所や日程など

専門業者の引っ越しでは、引っ越しの場所や日程など

専門業者の引っ越しでは、引っ越しの場所や日程などが決まれば、一社、あるいは複数の業者に見積もりを依頼し、自分たちが納得いく結果が出れば、業者に引っ越しの正式な依頼を行います。
全面的に荷造りを任せるのでなく、荷造りを自前ですすめる場合は、普通は、梱包材を業者からもらえるので、それを使って準備します。引っ越し当日は、作業の流れについて全てプロにおまかせとなります。
あらゆる引っ越しに関わってくる手続きに、役所への手続きがあります。


その手始めは転出届と転入届です。

転出する市区町村の役所で手続きすると、転出届を発行されるので、転入する市区町村の役所でそれを提出して、転入届を出して転入手続きをします。

転出届と転入届はセットであり、転出届がなければ転入届の提出もできないことに気をつけた方が良いです。税金や社会保険などの根拠になりますので手続きは速やかに終わらせるのが賢明です。収拾がつかないくらい、ものをたくさん持っている生活を過ごしている方にとっては、引っ越そうとしたとき、大きな問題となるのは荷造りを完了することでしょう。ものの多さの余り、本当に荷造りできるのか自信がなくなってしまったら引っ越しするのが嫌になってしまうかもしれませんが、これを一つの契機として捨てることを楽しめれば身の周りがかなり整理されるのではないでしょうか。一回引っ越ししてみれば絶対必要になることとして、電気や水道と同じように、ガスの解約をすることになります。



引っ越しは私も何度か行いました。
解約自体が大変ということはありません。
ところが、転居までに解約が終わっていないと、転居後に使われた分も請求されてしまいます。
くれぐれも注意が必要です。

こうしたケースでは、引っ越した後もその月の使用料は全て自分が支払うルールになっています。

様々な理由で、数多く引っ越しを重ねてきた方以外は、人生の中でも、引っ越しというのは生活が大きく変わるきっかけでしょうが、思いもよらないトラブルに巻き込まれることも予想しておく必要があります。引っ越し当日はみんな忙しいのに、仕事が重なってしまったときに何か一つが狂ってしまうと当日の作業そのものが滞ることもあり得ます。予定を先取りするくらいのつもりで、準備を進めておくべきです。
大半の世帯では、引っ越しの際に公共料金の支払いなど、生活の様々な面を再点検するでしょうが、漫然と支払っているNHK受信料も考えるきっかけになります。引っ越し後はテレビのないライフスタイルを選ぶのなら、どう考えても受信料を払う必要はありません。口座からの引き落としなら金融機関に連絡して止めてもらい、NHKに解約手続きを申し込む手続きを思い切って実行しましょう。
誰でもすぐ思いつくように、引っ越しに必要なものがいくつかあります。ダンボールはもちろん、ガムテープ、ひもなどの梱包材は必ず使います。



誰でも簡単に手に入りますが、多くの引っ越し業者では、見積もりから契約成立の間に、おまけとして、梱包用グッズを必要な分だけもらえることが多いのです。

契約の時にたくさんもらえたのに先に買ったものが無駄になったと泣かないように業者へ見積もりをお願いするところでどうなっているのか知っておきましょう。

自分の引っ越しといえば結婚のときですが、よく荷物を届けてもらっていたヤマト運輸で、単身引っ越しサービスをお願いしました。


全面的に専門の業者に任せた引っ越しなど初めての経験で、最初の電話から、緊張の連続でした。最初から最後まで、それぞれのスタッフの方にてきぱきした対応、丁寧な作業で、安心して全ての作業を任せられました。次の引っ越しでは人数も荷物も変わるでしょうが、同じ業者に依頼したいです。
どんなことでも同じですが、引っ越しも段取りが大切です。荷物の量に見合ったダンボールを調達して、日程を考えて梱包作業を進めます。

引っ越し直前まで使う日用品を分けて、大まかな種類で分け、詰めれば大丈夫です。



ダンボールの表面に何が入っているか書いておけばより片付けしやすくなるでしょう。
引っ越してすぐ使う、電気やガスや水道などの転出入手続きももれがないよう早めに進めてください。引っ越し貧乏という言葉があるくらい、引っ越しすれば新しい環境に慣れるまで物入りになるのはみんな同じで、引っ越し作業を業者に依頼するとしても安くあげたいと思うはずです。



手始めに、業者の割引サービスが適用される条件を調べてみませんか。ほとんどの割引サービスは年度末などの忙しい時期を外して引っ越しすることで基本料金から安くしてくれることが多いため割引を上手く使える時期に引っ越しするようにしたいものです。

ただいまの時刻








毎日をフレッシュな気持ちで過ごしていきたいです。

Copyright (C) 2014 新しい暮らしは清々しい! All Rights Reserved.

ページの先頭へ