【】

引っ越しに共通して使われるものがあ
TOP PAGE > 引っ越しに共通して使われるものがあ

引っ越しに共通して使われるものがあ

引っ越しに共通して使われるものがありますね。


いわゆる荷造り用品の、ダンボール、テープ類、ひも等です。



どこにいても買うことはできますが、業者を通した引っ越しならば、契約成立までに契約特典扱いで、このような消耗品をもらえるケースが増えています。
契約の時にたくさんもらえたのに先に買ったものが無駄になったと泣かないように契約までの流れをよく見て、見積もりに来てもらう前にしっかり調べておきたいものです。
いつ引っ越しするか決まった時点で最優先しなければいけないのは市区町村役場への、転出届の提出です。


さほど大変な仕事ではなく、今住んでいる市区町村で役所の窓口に提出します。郵送で送ることもできます。また、平日昼間に役所に行くことが難しいなら、委任状を出すことによって、代理人の提出も可能になります。転居する日の2週間前くらいから、転居届の提出ができる自治体がほとんどです。自分の引っ越しでは、大きい家具だけ業者に運んでもらい、あとのものは自分たちで運びました。

荷物を全部移動させたところで、住民票の移動も済ませました。予想外のこともいろいろ起こりましたが、思いがけない人が協力してくれるもので、嬉しい誤算でした。
その日のうちにご近所さんに挨拶に伺い、手続きも荷物の整理も山積みですが、一つずつ片付けます。
毎日快適に生活するために必要な環境は、住居内で終わるわけではありません。良好なご近所関係も住環境の一部です。
円滑な関係作りのためにも、引っ越したら、ご挨拶を早急に済ませましょう。


ちょっとした手土産を携えて挨拶に伺いましょう。長々と訪問する必要はありませんからなるべく好い印象を持たれるように心がけます。
どんな人間関係も、第一印象で決まります。あらゆるものを引っ越しの際に荷造りしなくてはなりませんが、食器は数も多く、とても面倒です。
食器は割れ物が多く、個々に配慮しながら包み、詰めていかないと運搬中に壊れてしまったら泣くに泣けません。

どこの世帯にも、薄いガラスの食器があるのではないでしょうか。そのようなグラスは、まず内側に新聞紙を詰めて補強し、その後、外から包んで、業者に申し出て専用の箱をもらい、そこに入れるというように最大限の注意を払って荷造りするようにすると破損の心配はぐっと軽減されます。私たち一家の引っ越しの時は当時1歳になる子供がいました。話すことはできなくても新しい環境に慣れるまでの間、戸惑いながら少しずつ慣れていったのがわかりました。案外多くなっていた子供のものは、引っ越しを機に使わなくなったおもちゃなどを整理しました。
何かと整理する中で母子手帳を見つけて読み返してみました。
そんなに時間が経っていないのに、懐かしいと思ったものです。
引っ越しによって住環境が変わると、新しい環境に慣れるまでどうしてもお金がかかるものです。引っ越し作業については安くあげたいと思うはずです。

利用したい業者の割引サービスは、どんなときに適用されるでしょうか。


問い合わせてみても良いでしょう。
どこの業者でも、割引は普通引っ越しが少ないとされる時期に引っ越しすることで閑散期料金になるシステムが大半なので、割引を上手く使える時期に引っ越しするようにしたいものです。



どんなことでも同じですが、引っ越しも段取りが大切です。
荷物の量に見合ったダンボールを調達して、当面使わないものから梱包しましょう。

引っ越すときまで使うものが紛れないようにしておき、大まかな種類で分け、詰めれば大丈夫です。ダンボールの表面に何が入っているか書いておけば荷解きの順番を考えられます。電気、ガス、水道、電話など、ライフラインの移動手続きも早め早めに進めていかなくてはなりません。

一人暮らしの方が引っ越すなら、通常のサービスを使って引っ越すより、荷物の多くない単身世帯に向いたサービスを使っていくと引っ越し費用を抑えられます。専用コンテナに収まる荷物だけを運んでくれることが多く運べる荷物は多くないと考える方が多いでしょうが、思いの外、多くの荷物を入れることができます。

若干荷物がはみ出すようなら、他の宅配サービスで送れば良いのです。家移りを経験した方なら必ず行ってきたことですが、もとの住まいで、ガスの契約を打ち切らないといけません。私も、世帯での引っ越し経験があります。解約はそんなに難しいわけではありません。旧居を引きあげる前に解約しておかないと、転居後のガス代も請求される羽目になりますのでもれがないようにしましょう。

しかも、引っ越した月の末日まで自分が支払わなければなりませんので、それも覚えておいてください。

ただいまの時刻








毎日をフレッシュな気持ちで過ごしていきたいです。

Copyright (C) 2014 新しい暮らしは清々しい! All Rights Reserved.

ページの先頭へ